jewel-madam's diary

宝石に憧れるOLのブログです

CELUX LOVER WEDDINGでカレッジリング

世界を見ますと、指輪を贈呈する風習は意外と多くあります。
優勝者に贈るチャンピオンリングの他にも、
大学卒業時に贈るカレッジリングというものがあります。

日本人がこうした文化を持たないのは、
単に指輪を身に付ける風習が無かったことに由来するかもしれません。
逆に言えば、欧米諸国では指輪を身に付ける文化があったことを意味します。
カレッジリングの発祥は、諸説ありますが、
貴族の家柄を示すものというのが候補として有力です。
分家や縁組などで、一人一人に持たせていたそうです。
その後、大学や士官学校の卒業生に、
記念として贈ったものが今のカレッジリングの元と言われています。

指輪ではありませんが、日本にも似たような風習は今もありますよね。
そう、賞状です。
紙切れとオーダーメイドの指輪。
制作費にかなり差がありますが、日本人は「名誉」「成果の証」
お金を掛けない“慎ましい”民族だと、私は思っています。

ですが、たまには贅の限りを尽くしてみたいとは思いませんか?
チャンピオンリングの項でも紹介しましたが、
こうしたカレッジリングも目的は同じですので、
CELUX LOVER WEDDINGで注文することができます。
リングの上面に大学の紋章や本人の名前を篆刻したり、
好きな注文を依頼できるのがオーダーメイドジュエリーです。
また、なにも指輪のカタチにこだわる必要もありません。
大きさに無理が無ければ、ペンダントやバッチなども
CELUX LOVER WEDDINGで注文することが出来ると思いますよ。